スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然との共生

地球温暖化が目に見えて、私たちの生活に感じられるようになってからエコとか自然との共生を訴えるスローガンが目立つようになってきた。特に、自動車産業ではエコカーなどCMにはこのスローガンが多い「次世代にきれいな空を」みたいな。
しかし、本当に自然との共生は成り立つのであろうか?特に工業や科学の分野では、それが成り立たたない。機材を省エネ化してもやはり、生態系への破壊は止められず、速度が落ちることしか期待できない。工場などで排出した廃棄物や炭酸ガスは生態系の浄化作用に甘んじ均衡が保たれるのを待つ状況である。結局、自然と工業は根本的には相容れない方向性を持っているのである。なんとなくわかっていても、やはり現実的には厳しい。

はっきしいって、何もしないほうが自然との共生が成り立つのではないか?もしくは、多くの人のように「まあそうだんだけどね・・・」と考えて、自分の主義主張をして生きているほうがマシなのか?いつもここで悩み、自分の仕事(ちなみに私は石油掘削会社の技術社員)との葛藤が大きくなる。
もし唯心論のように何か大きな存在がいて宇宙を創造したのであれば、何故このような矛盾を与えて苦しめるのか聞きたい。しかし、反対に唯物論のように生命は物質の反応から、単細胞を経て高等動物へ進化したのであれば我々が行き着く先は単なる絶滅しかないと思う。


今の私の夢はこのような二元論を超えて、新しいビジョンを創造して皆を導けるようになりたいのです。何か悪いとか善いとかではなく、それらをすべてを包容するような高次元の視点を経て説得できる何かを見いだしたい。それが今の私の夢で、多くの人にとって必要なニーズなのだと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

Gfat

Author:Gfat
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。